海外で cpapを購入するメリット、デメリット

CPAP

cpap を海外で購入する患者が増えています。海外で直接、購入することでトラブルも起きています。海外で購入する是非について考えてみたいと思います。

海外メーカーの勢い

cpapは海外メーカーが幅を利かせる医療機器です。病院で治療を受けている機器も海外製のものがみられ、海外勢の質の高さがうかがえます。cpapといえばフィリップス製のものをよくみかけます。

世界をまたにかけているともいえ、各国でフィリップス製のcpapは活躍しています。フィリップスはもともと医療機器の分野で最先端を走るメーカーです。オランダのアムステルダムに本部を置く多国籍企業です。

フィリップスが提供するcpapなら安心できるとして、日本国内でも需要が高いメーカーになっています、フィリップスに限らず海外勢のcpapは、ハイクオリティーの品質のよさが評判です。この評判が海外へのcpap購入に向かっているようです。

cpapを海外で購入

海外メーカーが市場を席巻するcpapですが、機器を直接、海外で購入する患者もいます。外国に出向いて買うのでなく、個人輸入という形で購入する動きが盛んです。国内の販売窓口で購入するより割安との触れ込みが浸透し、海外で購入することが一般的になってきました。

cpapは価格の高い機器のため、海外でやすい価格のcpapは魅力的に映ります。これが個人輸入に走るきっかけになっているのです。ただ、個人輸入といっても、患者が一人で手続きを行うのはたいへんなことです。

事実上、不可能との声も聞こえてきます。ですから代行業者へ依頼する方法が一般的なようです。これなら個人輸入も簡単に行うことができます。

トラブル事例も

代行業者へ依頼してcpapを個人輸入するのは、今や珍しくはなくなりました。睡眠時無呼吸症候群の患者にしてみれば、少しでもやすいcpapを購入したいものです。その気持ちが個人輸入に向かわせています。

ところが、思わぬトラブルが起きることもあるようです。病院での購入や医療機器会社からの購入と違って、個人輸入は不透明な部分があるとも指摘されています。根本的なことですが、個人輸入された機器は国内で許可されたものとしては扱われません。

このことをあまり意識していない患者が多いようにも感じます。許可されていないということは、何かトラブルが発生しても患者自身が責任を負うこということです。cpapは医療機器であり、体に装着して使用するもの。

万が一健康被害などが起きてしまったらたいへんなことです。その際の保障などは一切なく、患者がすべて責任を負うことになるのです。予期せぬ出来事を想定するのも個人輸入には必要なようです。

病気の悪化も?

個人輸入するとcpap購入による処方箋の発行が出されないことがあります。そもそもcpapを購入するには医師による処方箋が必要になります。保険診療の機関であるならば、問題なく処方箋が発行され、それにもとづきcpapを購入する運びとなるのです。

処方箋が発行されないということは、非保険診療の機関からの購入を意味します。医学的な管理がおろそかになるばかりか、機器のメンテナンスなどにも課題を残すことになります。

健康管理のための購入が健康を害する結果になってはたいへんなことです。睡眠時無呼吸症候群という病気は、合併症のリスクを考慮しなければなりません。また、睡眠時無呼吸症候群そのものも、体調管理がとても難しい病気です。

このため、保険診療の機関での購入を前提とする医師の診察は不可欠といえます。病気の悪化を招かないためにも、さまざまなリスクを考え行動するようにしましょう。

cpap購入を海外でするためのよりよい選択

海外勢が優勢のcpap市場。クオリティーの高いcpapが勢ぞろいする中、海外製を求める患者の声は日に日に高まるばかりです。少しでもやすいcpapを個人輸入で購入する動きは絶えませんが、ここはあえて正規の窓口で購入することをお勧めします。

個人輸入はさまざまな問題をはらんでいて、トラブルが発生するリスクは常に付きまといます。特に健康被害は最たるもので、体に異常をきたしてしまうと、かえって高い買い物になってしまいます。

先行きのリスクを考慮しながら海外製のcpapを買うことが必要です。病院での購入など、正規のルートで手続きを進める。これこそがもっとも安全で安心できる方法です。お目当ての海外製cpapをリクエストすれば、多少、割高になっても正規ルートでも購入することはできます。当然、保険診療機関ですから、医師のアドバイスは常にもらえます。

cpapの価格に惑わされず、医師の指導のもと海外製のcpapを購入すればいいだけの話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました