cpap の購入方法を見極めるコツとは?

CPAP

睡眠時無呼吸症候群の治療に使われるcpap。症状を緩和させ、治療に効果的な成果が期待されています。いつでもどこでも使えるため、自宅用に購入できるcpapの購入方法を考えてみましょう。

症状を把握する

睡眠時無呼吸症候群という病名は、かなり世間に知られるようになりました。患者が車を運転中に事故を起こしたりと、社会問題化したことが大きな要因です。この病気は適切に治療を行えばかなりの改善が見込め、突発的なアクシデントは防げる可能性が高くなります。

治療開始する前には、検査をして正確な診断を下さなければなりません。この結果、どのような治療が最善か選択される運びとなります。内科的治療としてはcpapがスタンダードです。cpapでの治療がもっとも効果的と判断されればcpapを使った治療が開始されますが、通院しながら治療を続けるか、自宅での治療を受けるか、判断が難しいところです。

自宅療法を選択

自宅でcpapを使い、睡眠時無呼吸症候群を治療する患者は増えています。cpapを自宅治療として利用することにはメリットとデメリットがあります。自宅療法を選択した患者は、そのメリットの方を優先させた形になりますが、治療を開始するには当然のことながらcpapを購入しなければなりません。

しかしながら、cpapの購入方法で迷いを生じる患者も少なくないようです。cpapの購入方法がまったく分らないといった声をよく聞きます。医療機器ですから、その購入方法が分からないのもうなずけます。

病院・クリニックからの直接購入

いよいよcpapの購入です。cpapを購入するには、いくつかのパターンがあります。それぞれの特徴を見極めることが大切です。まずは「病院・クリニック」から直接、購入する方法です。この方法はもっとも安全で、患者に最適なcpapを選ぶことができます。

そもそもですが、どの窓口でcpapを購入するにせよ、医師の診断書が必要になります。診断書をもとに処方箋がだされ、もっとも患者にあったcpapがチョイスされます。ですから、医療機関以外からの窓口で購入しても、患者に適したcpapが選ばれるのですが、そこはやはり病院やクリニックからの購入は正確で、安全性が担保されている点においては他社に勝るものはありません。

医師の目が行き届いているのですから正確性は確かです。医師の確認のもとに購入するメリットは患者にとっては安心できます。ただし、機器の値引き交渉など、価格面においては難点があるのも事実のようです。安全性、確実性を優先するならば、医療機関での購入はいちばんお勧めできます。

ネット通販での購入

cpapも今やネット通販で購入できる時代です。ネット経由で購入するメリットは、何といってもその利便性の高さです。いつでも好きな時にどこでも、スマホやPCから購入することができます。

医療機関や医療機器メーカーの店頭に行かずとも、ネット経由でcpapを購入できるメリットは忙しい患者にとってうれしい限りです。しかし、自宅に届くまでは機器の確認ができず、店頭購入に比べれば不安を感じやすい面は否めません。

窓口購入との違いを理解する

実際に機器の操作や、機器の不具合などを確認するのも、まずは患者自身です。医療機関などの窓口なら、デモンストレーションを行いながら機器の調子やメンテナンスの方法を説明してもらえます。ここが窓口購入とネット購入との最大の違いです。

しかし、価格面に焦点をあてれば、ネット購入に軍配が上がります。最安値のcpapを購入できることは最大の魅力になるでしょう。価格か安心か、どちらの優先順位が高いかは、患者の価値観に由来するところが大きいのではないでしょうか。

個人輸入という選択肢

cpapは海外メーカーから優れている機器が販売されています。窓口販売で直接、海外メーカーの機器を購入することもできますが、あえて個人輸入という形でcpapを購入する患者が増えているのではないかといわれています。

海外メーカーのcpapを直接、購入するメリットは、患者自身が輸入することでお幅なコストダウンにつながる点です。安価な品質のいい機器を使うとこができるというイメージが先行しているためです。

専門医の見解は否定的

これもひとつの指標になりますが、現場の専門医の間では否定的な見解が多くみられます。その理由として健康被害のリスクがぬぐいきれないことです。個人輸入の場合、無心療で購入することがあるため、医師の処方箋にもとづかない機器が使われるおそれがあるためです。

cpapは患者の重症度に合わせて選ぶ必要があります。患者の安易な自己判断だけで、健康にまつわる機器を購入することはたいへん危険です。さらに衛生管理の面でも不安があり、合併症などが起きると問題はさらに深まります。

コスト面ばかりに目を奪われるのでなく、医師の処方箋のもとアドバイスを受けながら、cpapを購入することを心がけたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました