cpap 購入のデメリット

CPAP

cpap を購入すると、メリットもたくさんありますが、デメリットも存在します。ここではあまり語れないデメリットを考えてみたいと思います。

購入にまつわるさまざまなデメリット

購入金額のネック

cpap の購入となると、結構な金額になってしまいます。一概にどうこうとはっきりした価格帯があるわけではありませんが、だいたい20万から30万は見積もる必要がありそうです。これはかなりの出費になります。

しかし、数十万円でも、テレビや洗濯機、冷蔵庫といった家電製品を買えば、そのくらいの値段はします。そう考えれば、cpap の購入もさほど高額とはいえないとも考えられます。
とはいっても、患者の中には割高感を抱き、cpap の購入を躊躇している人もいるでしょう。

cpap の購入はメリットにもなりますが、患者によってはデメリットにもなる医療機器であることを認識しておきたいものです。

メンテナンスの苦労

病院で治療を受ければ、cpap のメンテナンスは、病院スタッフによってなされます。実は、このメンテナンスは意外にもめんどくさいものです。cpap を購入するということは、当然のことですが自分のものになります。ですからメンテナンスは自分でやらなければなりません。cpap のメンテナンスとは多岐にわたります。

マスクを鼻に装着しますが、一晩使い終えた後は、マスク部分にあぶら汗がねっとりつくこともあります。患者の体質などにもよりますが、機密性の高いマスクですから仕方がないとはいえ、蒸れた状態であぶらっこくなります。

使い終えた後は、マスクを丁寧に拭かなければなりません。放置しておくと衛生上とても悪く、カビの発生などを招くおそれがありますから、メンテナンスは怠るわけにはいかないのです。

cpapは毎日使うものです。だからこのようなメンテナンスは毎日しなければならず、とても煩わしいものです。通院で治療を受ければメンテナンスは不要ですが、自前のcpapになるとそうはいきません。この煩わしさ、めんどうくささはcpap購入のデメリットといえそうです。

主治医との関係が希薄になる?

cpapを購入すると、通院期間は月1回程度です。このため通院の回数はぐっと減ります。通院をしなくていいのは、cpap購入のメリットの一つです。ただ、通院というのは主治医とのコミュニケーションをはかる上でとても重要な機会です。

この重要な機会は、睡眠時無呼吸症候群の状態を把握するのに有効なチャンスでもあります。通院から自宅療法に切り替えることで、かえって漫然とした対応をとることにもなりかねません。

患者というものは自分に都合よく物事を考えがちです。このような振舞いが病気に対する認識の甘さを招いてしまいます。すると睡眠時無呼吸症候群のちょっとして変化や、異変に疎くなるおそれがあります。

病気を治すための購入が、皮肉なことに病気を悪化させないとも限りません。だから自宅療法でも、主治医とのコミュニケーションを密にしておくことが大事になるのです。

機器の買い替えに不利な面も

cpapは時代とともに最新の機器が登場します。バージョンアップして患者にとってメリットをもたらしてくれます。レンタルなら患者の都合にあわせ、最新の機器に変更することは容易にできます。

ところが購入したcpapはそうそう買い換えるということはできません。予算上の問題でもあり、常に最新式に換えるとなると出費がかさむものです。cpapを購入すると当面の間は同じ機器を使い続けると思います。

これはこれでいいことですが、できればいつも最新式の機器を利用したいものです。常に最新式の機器を利用したければ、レンタルか通院の方法を選択するしかほかありません。cpap購入のデメリットがこのような面にもあらわれてくるのです。

電気代のコストも負担

cpapを購入するとランニングコストのことも考える必要がありそうです。まずは電気代がかかります。機器ですから当たり前ですが、1時間あたりの電気代を確認しておく必要があります。cpapは毎晩、寝ている間に使う機器です。どのくらいのランニングコストがかかるかはとても大事な問題です。購入時に確かめ、年間の電気代を計算しておきましょう。

そして消耗品のコストも考慮したいものです。cpapには消耗品の備品があります。このランニングコストがいくらになるかも大切な問題です。購入した後になって、意外に諸経費がかかるとなってはいけません。ですから事前に把握して、ランニングコストを計算しておくことが必要になるのです。

コメント