CPAPの購入は医療費控除として認められるのか?

CPAP

何かと費用がかかる睡眠時無呼吸症候群の治療に使用されるCPAP。

これから購入するかどうかお考えの方にとって、
どれだけの費用が必要になってくるか気になるところ。

最近では、輸入代行業者などを利用して購入することで安く入手ができますが、
気になるのがCPAPの購入に医療費控除が認められるかです。

CPAPは医療機器だから購入に医療費控除は認められるに決まっている!
と何の根拠もなく断言される方がたまにいますが、
本当に医療費控除として認められるのでしょうか。

もし、医療費を控除できたとしても、その事実を知らずに購入すれば、
領収書を捨ててしまい、医療費控除を受けられないなんてことになりかねません。

後で気づいても手遅れなので、そのような状況に陥らないためにも、
ここで事前に勉強して、少しでも医療費の負担を減らすように心がけましょう。

そもそも医療費控除とはどういうものなの?

おそらく、医療費控除を説明してみてと言われても、
あまりよく知らないという方が多いんじゃないでしょうか。

なので、まずは医療費控除について簡単に説明しておきます。

何も難しいことではありません。

医療費控除は、所得からあなたやあなたの家族が使った医療費の一部分が差し引かれ、
還付金が受けられたり、税金を抑えられることを言います。

ただ、医療費控除として認められる条件は、
その年に使った医療費の総額が10万円以上の場合です。

ちなみに、治療に使用されるCPAPの購入は医療費控除として認められます。

この“治療に使用する”というのが医療費控除となるポイントなのです。

医療費控除と認められるために確定申告で必要な書類とは?

しかし、CPAPの購入が医療費控除として認められるには、
ある準備を行わないと認められません。

それは、確定申告の際に提出する書類の準備です。

準備する書類は、

「購入したことがわかる金額が記載された書類」
「CPAPが睡眠時無呼吸症候群の治療に欠かせない理由が記載された書類」

といった2つです。

ひょっとしたら、初めて知ったという方もいると思います。

このことを知らずに確定申告を行ったら、かなり損をすることになります。

もし、知らなかったという方は、今から説明する2つの書類を準備して、
確定申告を行う際に添付して提出するようにしましょう。

購入したことがわかる金額が記載された書類

この書類は、要するにCPAPを購入する際にもらう領収書のことです。

いくらで購入したかがわかる金額が記載されている書類が必要なので、
この領収書を税務署に提出するといいかと思います。

過去に、何人かCPAP購入者にお話を聞いたことがあるのですが、
中には、クレジットカードのご利用明細書も提出したという方もいました。

なので、領収書やクレジットカードのご利用明細書などは、
なくさないようにきちんと大切に保管しておきましょう。

CPAPが睡眠時無呼吸症候群の治療に欠かせない理由が記載された書類

CPAPの購入で医療費控除を認めてもらうのに必要な
もう一つの書類が、医師の診断書です。

当然ではありますが、医療機器を購入する場合には、
医師からの許可を得なければなりません。

勝手に医療機器を入手して事故を起こしたら大変ですからね。

きちんとした医師のお墨付きと言える診断書が必要になるというわけなのです。

この診断書には、あなたが「睡眠時無呼吸症候群である」ことと、
CPAPが治療のために必要である」と医師に書いてもらわなければなりません。

この「睡眠時無呼吸症候群である」ことと、「CPAPが治療のために必要である」の
2つのポイントをどちらもきちんと書いてある必要があります。

ないとは思いますが、医師も人間なので100%書き忘れがないとは言えないので、
病院で受け取る際には、必ず記載されているか確認しましょう。

診断書と領収書があれば医療費控除と認められます

このように、CPAPの購入は医療費控除として認められることがわかりました。

これで、還付金を受けたり、税金を節約することができるので、
睡眠時無呼吸症候群の治療のための費用をかなり抑えることができます。

ただし、医療費控除となるにはいくつかの条件があるので、
その条件を満たしていないと、控除が認められないので注意が必要です。

それでは、最後にもう一度重要なポイントをまとめておきます。

忘れないようにしっかりとチェックしてから確定申告の準備を行いましょう。

【CPAPの購入が医療費控除として認められる条件】

①購入金額が記載された領収書やクレジットカードのご利用明細書など書類の提出

②睡眠時無呼吸症候群であることとCPAPが治療に必要と記載された診断書の提出

この2つの条件を満たしていれば、CPAPの購入を医療費控除にできます。

今回の記事で紹介したCPAPの購入が医療費控除になるという事実を
意外と知らなかったという方が過去にたくさんいらっしゃったのには驚きました。

以前、この医療費控除にできることを知らなかった方々に教えてあげたら、
非常に喜んでもらえたので、本当によかったなと今でも覚えています。

今この記事を読んでいただいている方の中で、
もし、控除できることを初めて知ったという方がいらっしゃれば、
同じように喜んでもらえるんじゃないかと思っています。

今回の記事は、そんな方のお役に少しでも立てればなという思いで書いてみました。

コメント