CPAPのお手入れはどうやってすればいいの?CPAPの洗い方ガイド

CPAP

睡眠時無呼吸症候群の治療方法の中で最も利用されているCPAP。
毎日使う装置なので、定期的なお手入れは欠かせません。
お手入れと聞くと、面倒くさく感じる人もいるでしょう。
でも、CPAPの定期的なお手入れはとても大事なことです。

この記事ではCPAPの洗い方をご説明します。

CPAPの定期的なお手入れは必須!

CPAP装置は毎晩体の中に酸素を供給してくれる大切な物です。
体の中に入ってくるものに非常に関わるのですから、CPAPは清潔に保ちましょう。

「自分は細かいことを気にしないから別に平気!」と思う人もいるかもしれません。
でも、CPAPをずっと手入れせずに使っていると、チューブの中にカビが生えるかもしれませんよ?
カビが生えたチューブを通して送られてきた酸素なんて嫌ですよね。
快適にCPAPを使うためにも、お手入れは必須です。

CPAPの洗い方

CPAPには毎日手入れしたほうがいいもの、1週間ごとに手入れしたほうがいいもの、数ヶ月に1回チェックして交換するものなどがあります。
以下では、どういうふうにCPAPを洗えばいいのかを簡単にご説明します。
詳しい手入れの仕方は機種によって異なることがあるので、ユーザーガイドを必ず読んでください。

毎日洗ったほうがいいもの:マスク

マスクは顔に一晩中密着しています。
顔の皮脂やほこりなどがマスクにくっついてしまうので、ずっと手入れしていないとマスクは汚れていきます。

とはいえ、毎朝マスクを水洗いするというのは非常に大変ですよね。
毎日のマスクの手入れはウェットティッシュで拭き取るといった簡単なもので大丈夫です。
ただし、アルコールが含まれているウェットティッシュは使えませんので、ご注意ください。

もちろん、マスクは水洗いすることもできます。
水洗いした後は渇いた布を使って、マスクから水気をしっかり取りましょう

1週間ごとに洗ったほうがいいもの:マスク、エアチューブ、加温加湿器(チャンバー)

マスク、エアチューブ、加温加湿器(チャンバー)など、CPAPの一通りの道具は毎週洗ってください。
洗い方のコツは一言でいうと、「中性洗剤(食器用洗剤やおしゃれ着用洗濯洗剤など)でちゃんと洗ってすすいで乾かす」ということです。

・マスク
マスクはヘッドバンドやマスク、接続部分の3パーツに分解できます。
分解した各パーツを薄めた中性洗剤で洗い、渇いた布でしっかり水気をふき取ってください。

なお、ヘッドバンドは洗濯ネットに入れれば、洗濯機で洗うこともできます。
特に夏は汗をかきやすいため、定期的にヘッドバンドを洗ってください。
ただし、ヘッドバンドを洗濯機で洗うときには漂白剤を使ってはいけない点や乾燥機に入れてはいけない点には注意しましょう。
ヘッドバンドは最初のうちは色落ちしてしまうこともあります。
しばらくはヘッドバントと他の洗濯物は分けて洗っておいたほうがいいです。

全部のパーツが乾いたら、マスクを元通りの形に組み立てましょう。
組み立てるときには、クッションに注意してください。
クッションがちゃんと元の場所に戻っていないと、マスクから空気が漏れしてしまう原因になるためです。

・エアチューブ
エアチューブも中性洗剤を使って洗いましょう。
洗い終わったらしっかりすすいで、陰干しをすればOKです。

・加温加湿器(チャンバー)
加温加湿器(チャンバー)もエアチューブと同じように、中性洗剤で洗ってください。
その後、しっかりすすいでから陰干ししましょう。

数ヶ月に1度チェックして交換したほうがいいもの:フィルター、消耗品

・フィルター
使っている部屋の環境によって汚れの程度に違いはありますが、フィルターはだいたい数ヶ月に1回はチェックして洗いましょう。
フィルターの洗い方は、水洗いです。

ただし、CPAPの機種によってはそもそもフィルターを洗ってはいけない場合もあります。
事前にユーザーガイドを確認しておきましょう。

・消耗品
マスクやチューブ、フィルターなどは消耗品です。
そのため、長期間使っている場合には交換する必要があります。
だいたい、マスクやチューブは1年ぐらい、フィルターは半年ぐらいが交換の目安です。

ただし、マスクが以下のようになっている場合は1年経っていなくても交換するようにしましょう。
 ・クッションがすべってしまう
 ・頻繁にマスクのストラップを止め直さないといけない
 ・マスクが緩みやすくなった
 ・マスクの弾力性が悪くなった
ちゃんと顔にフィットしていないマスクを使うことは、CPAPの治療効果を損なうだけではなく、目や口の渇きなどの不快な症状に繋がるためです。

まとめ

CPAPは毎晩体内に酸素を供給してくれる大切なものです。
そのため、多少面倒くさくても定期的に洗うようにしましょう。

きちんとお手入れされていないCPAPを使っている場合、CPAPの治療効果は十全に発揮されません。
定期的なお手入れがCPAPの治療効果を高めるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました