睡眠時無呼吸症候群ってどんな症状?

症状

睡眠時無呼吸症候群って何?

睡眠時無呼吸症候群は、英語で書くとSleep Apnea Syndromeといいますapneaという単語は聞きなれない人も多いと思いますが、医学の言葉で「無呼吸」という意味です。すなわち、睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは眠っている間の呼吸が何度も繰り返して止まるという病気です。
「眠っている間の呼吸が止まるなんて死ぬんじゃないのか!?」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。医学的には「無呼吸」とは、10秒以上の間気道の空気の流れが止まった状態を意味します。そして、SASの定義は一晩の睡眠で30回以上無呼吸の状態であるか、1時間につき5回以上無呼吸の状態が続くことです。ですので、SASそのものは心筋梗塞や脳卒中と違って、直接的な死因となることはありません。でも、だからといって安心するのはまだ早いです。それは、SASによって様々な症状が引き起こされ、その症状によって重大な事故が起きてしまう恐れがあるためです。

睡眠時無呼吸症候群によって引き起こされる症状はどんなもの?

起きている間に働く体と脳を休ませるために、睡眠は行われます。その睡眠中に無呼吸、すなわち酸素がすみずみまでいきわたらなくなる状態になると、どうなるのでしょうか?まず、脳は「酸素が足りなくて大変だ!」という危険信号を発します。そのため、今体の中にある酸素を体中に行きわたらすことができるように、必死に血液中の酸素を体中に送ります。そうすると、眠っているにもかかわらず、走っている時のように心臓は必死に働かなくてはなりません。「無呼吸の定義は10秒以上空気の流れが止まること」と先ほどお話しました。しかし、無呼吸が長い人だと約3分も呼吸が止まっていることもあるそうです。それだけ長い間呼吸を止めていたら、絶対にそのあとぜぇぜぇと呼吸する状態になりますよね。また、呼吸が再開したらこれでもう大丈夫というわけではありません。しばらく眠っていたら、また無呼吸状態に陥ってしまうのです。これでは脳も体もしっかり休むことができません。そのため、SASになっている人は日中に強い眠気やだるさを感じたり、集中力が低下しやすいという症状が引き起こされるのです。

起きているときの眠気やだるさ、集中力の低下以外にも、SASの人は眠っているときや起床したときに特徴的な症状があります。具体的な症状は以下の通りです。

・眠っているときの症状:いびき、呼吸が止まる、むせる、何度も目を覚ましやすいなど
・起床したときの症状:口が渇く、頭痛がする、しっかり寝た感じがしないなど

睡眠時無呼吸症候群によって引き起こされる問題

SASの主な症状は強い眠気やだるさ、集中力の低下などです。これだけ聞くと、「日中にしっかり本人が注意していればいいじゃないか」と思われるかもしれません。

しかし、SASは決して軽く見ていい病気ではありません。「睡眠時無呼吸症候群によって引き起こされる症状はどんなもの?」でご説明したように、無呼吸の状態は心臓血管系に強い負担を実はかけています。そのため、SASの人は高血圧、脳卒中など心臓血管系の病気のリスクも必然的に高いのです。

また、SASを患っている患者さんの40%が運転中に眠気を感じやすいことが報告されています。普通の人でもたまに運転中に眠気を感じることがありますが、それでも10%くらいです。実に4倍も、SASの患者さんたちは普通の人よりも眠気を感じやすいといえます。また、めったに起こらない居眠り運転。普通の人はだいたい5%ぐらいしか起こしません。でも、SASの人は30%くらいが居眠り運転を引き起こしやすいといわれています。このように、SASを患った人が感じる眠気は、重大な事故を引き起こすぐらいのものといえます。

実際に、SASが原因で引き起こされた悲劇はたくさんあります。例えば、2012年に群馬県の関越自動車道で起きた高速バスでの事故をご存知でしょうか?当時はかなりセンセーショナルに報道されましたよね。ディズニーリゾートへ向かう途中で起こった突然の事故。高速バスが道路の防音壁に突っ込み、バスが壁に貫通されました。その結果、乗客乗員46人のうち、7人もが死亡、38人は重軽傷を負いました。この事故を受けて、バス会社の安全管理体制の整え方の見直し・再発防止のために国も動きました。

ここまで大きなものではなくても、仕事中に急に強い眠気に襲われたりしたことはありませんか?自分が眠っている間の呼吸やいびきに自分で気づくことなんて、なかなかありませんよね。一説には日本のSASの潜在患者数は300万人以上ともいわれています。日本の人口がだいたい1.3億人ですので、100人に2人がSASを患っている恐れがあります。もし、「ひょっとして自分は…」、「夫の眠っているときの呼吸はおかしい気がする」と思われるふしのある方は、ぜひ病院に行って相談してみてください。睡眠外来や睡眠センターのようにSAS専門の外来があるところが一番です。とはいえ、他にも内科、呼吸器科、循環器科、耳鼻咽頭科、精神科などでも対応しているところもあります。まずは、かかりつけ医師に相談してみましょう。

睡眠時無呼吸症候群の診断方法

SASは2つの検査の結果から診断されます。まず、病院に行ったら簡単な問診を受けます。といっても、SASのメイン症状である眠っている間の無呼吸状態については寝ている本人では分からないので、日中の眠気や起きた時の頭痛、夜間に目が覚めやすかったりするかなどが尋ねられます。もし、同じ部屋で寝ている家族がいるのなら、問診の時についてきてもらえるとお医者さんに寝ている時の状況について伝えやすいでしょう。

問診でSASの可能性があると判断されたら、簡易検査が行われます。①呼吸しているかを調べる呼吸センサー(鼻と口につける)、②血液中の酸素濃度を調べる血中酸素飽和度(指につける)を寝ている最中に測定することで、簡易検査は行われます。ごく簡単に取り付けられるため、家に持ち帰って後日病院で解析することもできます。なお、SASの簡易検査については健康保険が適用されます。

簡易検査でもSASの疑いがあると診断された場合、終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査が行われます。病院に一泊入院して、①口と鼻に取り付ける呼吸センサー、②指に取り付けて血液中の酸素の割合を調べる血中酸素飽和度、③胸呼吸を調べる呼吸運動センサー、④お腹に取り付ける呼吸運動センサー、⑤脳波、⑥眼電図、⑦喉の筋電図、⑧心電図、⑨足の筋電図などを測定して、総合的にSASであるかの診断が行われます。PSG検査も健康保険が適用されますが、これだけたくさんのものを調べているだけあって、1万円ぐらいかかります。また、検査費用とは別に入院費用や差額ベッド代もかかります。実際はもう少しお金が必要になると見積もっていたほうがいいでしょう。詳しい検査金額や入院費用などは、実際に検査を受ける病院の先生にお尋ねしてください。

コメント